2016/6/7 01:46:01

うちの子トリミングサロンで暴れちゃうんです・・・大人しくさせる為の方法はあるの?

    1.トリミングサロンにお願いする度に恥ずかしい思いをしてしまうんです

    ちくりと刺さる、トリマーの一言

     「すごく、元気な子ですね」

    言われた事ある方がいるでしょう、この一言。「暴れる子ですね」と言われているような気がして少し恥ずかしいような申し訳ないような気持ちになった事があるはずです。
    中にはオブラートに包まず、ストレートに伝えるトリマーもいます。

    暴れてトリミングがやりにくい程度でしたらまだしも、個体差にもよりますが威嚇して咬みついたりして、手に負えないほどどうしようもない子もいます。そうなりますと、最悪の場合、次回からの利用を断られてしまう事もあるのです…。

    photo by Petful

    トリマーが断る理由

     トリマーが暴れる子に対して断る理由として挙げられる理由はいくつかあります。

    暴れる事で怪我をしてしまう可能性が高まる

    はさみやバリカン、爪切りなどの道具を用いて施術するので、暴れてしまうと怪我をする可能性が高まります。実際にはさみが目に当たって犬が大ケガをするという事故も起きています。

    過剰興奮により、チアノーゼを起こしやすい

    暴れるという事は少なからず興奮状態である事を指します。その為、興奮しすぎによりチアノーゼを起こしてしまう子がいます。その際はトリミングどころではなくなってしまう為お断りされてしまいます。

    適切なカットを施す事が出来ない

    トイプードルは、カットそのものが非常に難しい犬種です。サマーカットのように簡単に出来るスタイルならいいのですが、特殊なスタイルをお願いした際、暴れられてしまうと希望通りのスタイルが難しくなってしまいます。ですが、よっぽど技術不足のサロンではない限り、この理由で断られる事はないでしょう。

    photo by ajburnett9

    愛犬に大きな負担

      「プロなのだからカットくらいすべき!」

    と思われるかもしれません。確かに、どんなに暴れる子でも引き受けてくれるトリミングサロンはあります。ペット社会と言われる現代日本では、日本国内にたくさんのトリミングサロンが点在しておりますので、探せば引き受けてくれるところはあるでしょう。
    ですが、中には正しい施術を行わないトリミングサロンも存在します。もしも、そのような場所に預けてしまった際、どのような施術が行われるのでしょうか?
    無理やり施術を行われる事は目に見えております。そうなりますと、余計トリミングを嫌う子も少なくはないでしょう。

    うまく相性の合うトリマーに巡り合える事が一番ですが、そうなかなかうまくいきません。

    また、理由のうち、上記二つのものはトイプードルに大きな負担を与えてしまうものです。良心的で、丁寧なサロンに出会えたとしても、事故が起きてしまう可能性はゼロではありません。

    何かあってからでは遅いからこそ、ある程度飼い主さんがトリミング自体に慣らしておく必要があるのです。

    また、トリミングサロンの選び方に関してはこちらを参考にしてください。

    2.大人しく良い子でいさせたい!

    まずは・・・

     まずは飼い主さん自ら日ごろのトイプードルに対しての接し方について見返してみましょう。常にトイプードルの身体のあちこちに触れてスキンシップを取るようにしていますか?
    また、仔犬の頃から身体のあちこちに触れる他、爪切りや耳掃除、ブラッシングなど自宅で簡単に出来る事を行った事がありますか?

    もしもないのならば、そこから見直す必要があります。飼い主さんすらあまり触れた事ない身体に、見ず知らずの人(トリマー)に触られたらトイプードルが嫌がるのも無理ありません。

    しつけ云々の前に、つま先から耳の先まで、よく触るようにして慣れさせてあげましょう!

    すぐ治せる?

     トリミングサロンで暴れる事をすぐに辞めさせるコツはあるのかと言えば、そのような術はありません。やはり、身体に触れられる事に慣れていない、トリミングが苦手という子を一瞬で大人しくさせるという事は土台無理な話です。

    上記にもまとめた通り、まずはよく身体に触られる事に慣れさせる事です。苦手で嫌いなものを無理やり行う事はトイプードルにとってストレスを与える行為です。無理に施術を行った結果、はさみや爪切りなどの道具を見るだけで震えて威嚇する子になってしまったという例もあります。その為にも、トリミング自体を好きになるようにしてあげましょう。

    プロのトリマーに丸投げするのではなく、飼い主さんの手で行う事が大事です。大好きな飼い主さんに触れられる事は、トイプードルにとっても嬉しい事ですし、信頼関係を築ける為、今後のしつけにも良い影響を与えます。

    photo by Yasuhiko Ito

    3.具体的に私達が出来る事とは?

    スキンシップの仕方

     スキンシップ、またはマッサージを行う事はとても重要な事です。犬にとって心地よいマッサージを施す事で自信を持たせ、集中力を高める事が出来るのです。
    リラックス効果を得る為、落ち着きがない、集中力がないといった精神的要因の問題行動、具体的に言えば分離不安症や攻撃性などといった問題行動の解決につながります。

    ・指の腹で優しく円を描くように撫でます

    ・強弱をつけたりしながら、時折つまんだりします

    ・つま先に触れる時は、スタートは優しくつま先に触れて徐々に付け根に移動させていきます

    ・背中は背骨あたりを押すようにして触れます

    これらのポイントと踏まえてスキンシップを取る事で、普段の触れ方よりも更に効果を得る事が出来ます。

    最終的には・・・

     それでもどうしても咬んでしまう、どうにもできないという子が中にはいます。その場合は、口輪に慣れさせるようにしましょう。
    トリミング施術を円滑に行う為にも、また、サロンとの間で問題を起こさない為には口輪が一番手早いです。

    おそらく、あまりにもひどい咬みつきがあるトイプードルに対しては口輪を使用するサロンもあります。そうなりますと、口輪をする度にトリミングをされる=嫌な事をされると学習してしまいます。
    ただでさえトリミングが苦手な子に、口輪をつけて施術を行うとなおのこと施術がスムーズにいきません。

    そうならないよう、自宅で口輪をつけた状態にし、優しく撫でたり声をかけたりして、口輪そのものを悪いものと思わせないようにしましょう!

    photo by Frank Balsinger

お役立ちコンテンツ