2016/6/6 15:22:39

意外な落とし穴!トイプードルの問題行動は事前に防ぐ事が出来るんです!

    1.まずは問題行動としつけに関して理解しよう

     問題行動は何も吠えたり咬んだりする事だけではありません。人間社会に相応しない行動をとり、私達人間にとって不都合な行動をとられる事を【問題行動】と称します。
    その為、トイプードルのあらゆる行動が問題行動につながる事は充分にあり得るのです。

    現代の日本では【しつけ】について誤解を抱いている人が多いです。しつけをする事は「人が何かを教えたりする事でその行動を一切なくす事ができる、言う事をきかす事が出来る」という、犬の行動すべてをコントロールする事が出来る万能な術だと思ってしまっています。

    しかし、犬も人と同じように生きている動物ですので自らの考えを持ち、行動をします。その為、しつけをしても確実にその行動をなくす事が出来るかといえば、そうではないという事をあらかじめ理解しておく事が大事です。

    人にとっての問題行動のほとんどが、犬にとって当たり前の行動です。その行動すべてをなくす事は犬本来の性質をなくすという事であり、ストレスを与える結果となります。まずは動物行動学を理解し、寛大な気持ちでしつけをするようにしましょう。しつけをする際、どんな問題行動でもこれは共通して言える事でしょう。

    2.こんなところでも問題行動につながるんです

    身体疾患が問題行動に!?

     問題行動は、飼い主さんのしつけ不足が原因であると言われがちですが、問題行動はしつけの有無だけでなく生じる事があります。それは日ごろの接し方であったり、あるいは健康状態で起こる事もあるのです。
    その為にも常にトイプードルの行動を気にかけなければなりません。

     身体疾患があると健康な犬と比べて行動が変わります。例えば、膀胱炎を持った子が、決められた場所で排泄できずに漏らしてしまう事が頻繁ですと、完治した際にその時の癖が継続して残ってしまいます。
    または、何かの大きな病気になってしまった時に飼い主さんがずっと付き添っている生活が続いていますと、その病気が完治して飼い主さんが元の生活に戻った際に、分離不安となって問題行動を起こしてしまいます。

    病気になる事はトイプードル自身にも大きな負担を与える事になりますし、上記のように問題行動を起こすきっかけになりかねないのです。
    その為にも、飼い主さんは飼っているトイプードルに充分な食事と運動、清潔な環境を与える事。常に排泄の回数や具合を観察し、健康に留意する必要があります。飼い主さん自ら積極的にトイプードルの健康維持をするよう心がけましょう。

    photo by ajburnett9

    飼い主さんがどう接しているかでも変わる

     犬は社会性の高い動物であり、人に触れられたり話しかけられたりする事を強く望みます。特にトイプードルは人と触れ合い、遊ぶ事が大好きな犬種であるからして、必ず人との間に交流がなければならないと言えます。

    ですが、日常のふれあいが適切でない場合、トイプードルとの良好な関係を築く事ができず、問題行動を起こすきっかけとなります。

    日常生活でトイプードルに問題行動を起こさない為には、飼い主さんが毎日声をかけてあげたり、なでたりする時間を必ず作る事と、間違った行動をしてしまったらすぐに叱る事、また、正しい行動をしたら報酬を与える事。

    当たり前の行動ではありますが、これが出来ないという事は根本的な信頼関係を築けないという事であるので、問題行動の発生率がかなり高まってしまうのです。

    常にあなたを見ています

     トイプードルは飼い主さんとの日常の触れ合いの中で、飼い主さんの行動を観察し、試行錯誤して様々な事を学習します。
    飼い主さんが報酬を与えたわけでもないのに、トイプードルにとってその行動自体が報酬に当たる場合があり、大抵は飼い主さんの無意識の中で問題行動を容認してしまっているのです。

    トイプードルはその報酬を得る為に繰り返し、偶発的に学習してしまった行動が飼い主さんにとって望ましくない問題行動になります。

    photo by noel de leon

    こうしたやり取りが問題行動を助長させる

    テーブルの上に脚をかける

    スリッパや靴を噛む

    遊びの中で人の手に歯が当たる

    人の上に乗る

    これらの行動は立派な問題行動へとなりかねない行動です。大したことがないからと言って放置する事が多いのですが、例えばこの行動を大型犬がとったらどうでしょうか?

    身体が小さいから黙認してしまうかもしれませんが、立派な問題行動につながる行動です。

    人間は身勝手なもので、気に入らない時だけ叱り、見逃してしまったりと中途半端に罰を与えてしまう事が多いです。中途半端な行動そのものも、問題行動を悪化させかねません。
    飼い主さんにとって望ましくない行動をトイプードルがとった際は、しっかりと叱り、その行動が繰り返される毎に叱る必要があります。

    3.一番有効的な手段

    服従訓練は自身の手で教えてあげる事が一番

     一番有効的な問題行動の予防は、服従訓練を行う事です。
    服従訓練とは、オスワリ、フセ、ツケなどといった決まった命令に対して犬が自発的に行動する事です。

    しかしこの服従訓練は、冒頭でも少し触れましたが、一通りの命令をきく事ができれば必ず問題行動が起こらないというわけではありません。
    犬自身の行動をある程度コントロールする事ができるため、さまざまな場面に面した時に飼い主さんが適格な指示を出す事でトイプードルの問題行動をある程度防ぐ事が出来るのです。

    例として

    吠えそうになったらフセをして落ち着かせる。
    興奮して飛びつきそうになったら、座らせてマテをかける。

    があります。
    服従訓練は、訓練所などに依頼しても良いのですが、大抵は成犬になる前の一番大事な期間に長期預ける事が多い為、なるべくなら飼い主さん自身で教えてあげる事が望ましいでしょう。
    教え方についてなどはこちらを参照にしてください。

    photo by Yasuhiko Ito

    服従訓練の意味を知る

     服従訓練とは、どのような環境、場面でも飼い主さんの命令に従って教えられた通りの行動を常にとれるようにする事ができなければなりません。
    散歩の前や食事の前だけなど、一定の行動の時にしか服従訓練を行わないという事はまったくもって意味のない事であり、服従訓練の意味を持ちません。

    トイプードルは、そのご褒美や食事の為に命令を聞く、つまり機械的な動作になっているにすぎないので、本来の服従訓練というものをトイプードルは理解しておりません。

     その為にも、日常生活の様々な場面で命令を出し、報酬と罰のタイミングを間違えないようにして服従訓練を実行する必要があるのです。
    トイプードルは特に何かを学ぶ事が大好きなかしこい犬種です。性質を利用して接するようにしましょう!

    photo by Toshihiro Gamo

お役立ちコンテンツ