2016/2/15 10:25:36

トイプードルの子犬がやってきてまずしつけることとは?

    1.ようこそ!トイプードルちゃん!

     待望のトイプードルがやってきた!ワクチン接種もしたし、トイプードル用のケージも買ったし、パピー用ドッグフードも用意した!でも、ほかに何をしていけばいいのだろう?
    お迎えした子犬にしてあげるべきことはまだまだたくさん。飼い主さんが子犬に教えてあげることもいっぱいです!ここでしっかり学んでいきましょう!

    2.まずはじめに飼い主さんとトイプードルですること

    トイレトレーニング!

     まずは、トイレトレーニングです!

    子犬のときにトイレを正しく覚えないと、家の中すべてがトイプードルのトイレとなってしまいます。飼い主さん、家族の方からすると冗談じゃありませんよね。キッチンやリビングでトイレをすることを覚えられてしまったときは悲劇です。

    子犬のうちにしっかり教えておけば、トイプードルはそこまで縄張り意識も強くなく、頭もいいためすぐにトイレも覚えてくれます。
    基本的に子犬はごはんを食べ終わったあと、トイレをすることが多いです。そのときにしっかりとトイレに誘導してあげましょう。

    失敗しても叱ってはいけません。中にはマズルを抑えて粗相をしてしまったところに鼻をごりごり押さえつける方もいらっしゃいますが、まったくの逆効果です。

    トイレがしたくなると匂いをかいだりうろうろし始めますので、違う場所でしそうになったら、正しいトイレの場所に連れていってあげてください。

    トイレトレーニングは根気よく。飼い主さんの誘導が一番大切なしつけですので、決してあきらめず、丁寧に教えてあげましょう。

    スキンシップをとってあげよう

     子犬のときに一番大事なのはスキンシップです。コミュニケーションをとってあげることは、最大の愛情表現です。

    トイプードルは遊ぶことが大好きな犬種ですので、たくさん触れ合う機会を作ってあげましょう。
    ですが、子犬のときのトイプードルは、一日20時間近く寝ます。無理に起こしたりせず、ごはんの時はごはん。遊ぶ時は遊び。寝る時は寝る、とメリハリをつける必要があります。
     このスキンシップですが、子犬のときにしていたか、していないかで、将来が大きく左右されます。スキンシップをすることで、人が大好きないい子に成長してくれますが、たまに人に触られるだけの子犬時代を過ごすと、触られたときに牙をむくようになるトイプードルが見られます。

    また、病院で診てもらうとき、獣医さんに咬みついたりして診察にならないと病気やケガの発見が遅れてしまいます。

    定期的にトリミングサロンに行くことが望ましいトイプードルは、人に全身を触られることに慣れている必要があるので、他の犬種よりもスキンシップが重要になってくるのです。

    また、触れることで、トイプードルの変化にも気づくことができます!

    リーダーはだれ?

     もちろん、飼い主さんが一番えらいです。でも、トイプードルに「今日から私がリーダーだからよろしく」と言っても伝わりません。

    子犬のときはまだ犬社会しか知らないので、人が犬社会に沿って誰がリーダーか教えてあげましょう。飼い主さんがリーダーだとわかってもらうだけで、今後のしつけが有利になります。

    トイプードルは常に飼い主さんの行動を見ています。リーダーがいないと判断すると、自分がリーダーだと思い込み、飼い主さんの命令を聞かなくなったりします。

     犬は飼い主のあなたをリーダーかどうか判断するために、ときに挑戦的な行為で自分とあなたの上下関係を確かめようとしてきます。

    飼い主の体に歯を当てる・机の上のものを取る・飼い主が使っているスリッパをボロボロにする・飼い主の上に乗る(脚を乗せるなど)。これらの行動をし、飼い主さんの反応などを見て、トイプードルは判断します。

    本当に何気ない事ですが、こうしたところでトイプードルは飼い主と自分がどういうポジションにいるのか学習し、見定めるのです。
    飼い主ではなく自分がリーダーと勘違いさせないためにも、飼い主が毅然とした態度で接し、挑戦的・わがままな行動を許さないようにしましょう。

    3.トイプードルを理解しよう

    性格を把握して、今の気持ちも想像してあげて

     やはりトイプードルも私たち人間と同じように生きている犬ですので、性格にも違いはあります。

    もともとの性格もありますが、後天的なものによって性格が変化することがあります。

    前述のとおり、たくさんスキンシップをとって楽しいことを覚えさせれば、とても性格の良い、人と遊びが大好きなトイプードルになります。悪い例をあげますと、しつけの際に脅かすことや体罰を与えることで、後々、何にも興味がなく、警戒心の強い凶暴性のある子になってしまう可能性があるのです。。

     性格にもいろいろあるので、まずは愛犬がどういう性格か正しく把握し、性格に合わせて教えることでしつけもしやすくなるでしょう。

    臆病な子は、感受性が強いため理解力がある子です。また、頑固な子は我慢強いという利点があるのです。
    性格を把握することはとても重要です。生後2ヶ月~10ヶ月くらいまでの幼犬期は、しっかりどういう子か観察してあげることが大事です。

    周りのことも、知ろう

     トイプードルは大切な家族ですが、その前に「犬」です。飼い主さんや家族の方はトイプードルが大好きでも、ご近所の方がみんな動物好きとは限りません。どんなに素晴らしいトイプードルでも、嫌いな人には理解されないのです。
     鳴き声や、咬みつく、物を荒らす、くさい、などといった苦情が来ないと言い切ることはできないのです。

    しつけというものは、いわばマナーです。大切なトイプードルが一緒に家族として過ごすためにも、しつけは絶対不可欠であることを忘れないでください。

お役立ちコンテンツ