2016/2/9 13:41:43

トイプードルがなりやすい膝蓋骨脱臼とは!

    1.注目すべきは脚

     足の関節がやわらかく、ピョンピョン跳ね回る姿が愛らしいトイプードル。他の犬種と比べ、柔軟性が高いため、動きも独特です。
    そんなトイプードルの「脚」によくある病気をご存じですか?

    2.膝蓋骨脱臼という病気について

    あれ?なにかおかしい?

     トイプードルは歩き方が独特でとってもかわいいですね。でも、よく見てみるとその歩く姿がどこかおかしい、なんてことはありませんか?

    後ろ脚をかばうように跳ねたり、スキップをするような動きを見せたり、つま先立ちで歩いてるように見える…。こういった症状が見られたら、もしかすると“膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)”の初期症状が始まっているのかもしれません。
    不自然な歩き方や動きに気づいたら、すぐに病院に連れていき、獣医さんに確認してもらいましょう。
     
     
     

    そもそもどんな病気?

     膝蓋骨脱臼、別名“パテラ”ともいいます。小型犬に多い病気ですが、特に、活発で脚に負担をかけるような動きをすることがよくあるトイプードルに多いとされています。
    後ろ脚の膝の骨が正常にはまらずに外れてしまう状態のことを言います。
     この病気にはレベルが4段階あり、初期のころですと飼い主さんもまったく気づかず、トイプードルも痛みを感じることなく生活を送ることができますが、重症になれば、歩くことが難しくなってしまう怖い病気です。

    先天性のもの?後天性のもの?

     膝蓋骨脱臼は、遺伝性の疾患として有名です。日本動物遺伝病ネットワークでは、この膝蓋骨脱臼をなくしていくためにも、遺伝疾患の恐れのある犬は血統書に登録して把握できるようにして、この病気を持った犬を増やさないようにと呼びかけています。
    遺伝性疾患ですので、この病気のあるトイプードルが多ければ多いほど、発症率も上がってしまうことになるからです。

     また、遺伝性疾患のないトイプードルでも後天的に発症することが大いにあり得ます。家の床がフローリングで滑りやすいものであったり、階段の昇り降りや、ソファから飛び降りるなどといった、ちょっとした日常生活の動作をきっかけにして発症することもあるのです。
    また、肥満であると、体重でさらに脚腰に負担をかけてしまいます。
    “愛犬の食事のコントロールをし、足腰に負担がかかるような運動をさせないこと”で、充分に発症を避けられます。

    グレード1~2

     膝蓋骨脱臼の段階を、グレード1から簡単に説明していきます。グレード1は、ほとんど違和感がなく、トイプードル自身も痛みを感じることがないため、この段階で気づくことはあまりありません。
    膝の骨が自然に外れることはなく、何か脚に負担をかける行為をすると外れますが、すぐに戻ることもある時期です。

     そして、グレード2。このころになると症状に気づく飼い主さんも多いはずです。脚をかばうような動きをしたり、ピョンピョン不自然な動きをすることで違和感を覚える方がいます。
    このときの関節は大変不安定であり、常にぐらぐらしている状態です。ちょっとしたことで脱臼することがあり、自然に戻ることはありません。そのまま処置もせずに放置することで、だんだんと症状が悪化し、骨が変形してしまいます。

    グレード3~4

     グレード3にもなってしまうと、常に骨が外れた状態になっています。指などで押すとはまりますが、はなすと外れます。常に後ろ脚を引きずるような歩行をするというわけではありませんが、痛みのせいか引きずったり引きずらなかったりという独特な歩き方をします。このグレード3から手術が必要となってきます。

     最終段階ともいえるグレード4。常に骨が外れた状態であり、手術をしない限り外れた骨を戻すことはできません。ずっと後ろ脚をひきずるような歩き方をし、歩行困難の状態です。

    3.愛犬のためになにができるの?

    治療法は?

     段階によって治療法は異なりますが、グレード1~2の場合はほとんど手術する子はいません。その段階のトイプードルは、それ以上悪化させないための飼い主さんの工夫で症状を落ち着かせることができます。
    ですがグレード3~4にもなりますと、絶対に手術が必要になります。痛みもあり、歩行も困難なため早急に手術しなければなりません。

    膝蓋骨脱臼と上手に付き合う

     一番最初にみなおしてほしいのが、家の床です。全部がフローリングですべりやすく、トイプードルの脚に負担をかけやすくなっている場合は、“マットなどを敷き詰める”必要があります。
    そして階段の昇り降りをさせない、ソファなどの高い位置から飛び降りさせない、そのための工夫をしましょう。階段のところに柵を作ったり、ソファに乗ってきたら叱る、無視をするなどして、脚にかかる負担を未然に防ぎます。


     最大の敵は肥満です。人も極度の肥満状態になると膝が痛くなります。トイプードルも同じですので、肥満にならないように食事制限と適度な運動を心がけることが大事です。
    プラスアルファの対策として、“グルコサミン”というサプリメントもおすすめです。軟骨を発達させる栄養が含まれているため、膝や関節にとてもよいサプリメントです。今では犬用のグルコサミンも簡単に入手することができますので、一度試してみてはどうでしょうか。

    運動はしちゃだめ?

     膝蓋骨脱臼を発症してしまったとはいえ、運動を避けてしまっては余計に病気を悪化させてしまいます!
    グレード1~2の段階であるならば、脚に負担をかけない運動をする必要が特にあります。脚に充分筋肉がない状態ですと、体重を支える膝に余計に負担をかけさせてしまうので、筋肉をつけて丈夫にしたほうが良いでしょう。
    ただし、無茶な運動や動きはさせないことを守ってくださいね。

お役立ちコンテンツ