2016/2/9 13:43:41

トイプードルの吠え癖をなおそう

    1.トイプードルによくある悪い癖

     最近では人気犬種ランキングに柴犬がぐんぐん上昇してきています。人気の犬種はその時代の背景を表すといいますが、トイプードルは今でも変わらない根強い人気を誇っています。それは初めて犬を飼う人でも飼いやすいといわれるほど初心者向けの犬種なのです。頭の良さは小型犬の中ではナンバーワン(全サイズでも2位です)!オシャレも楽しめるし、しつけしやすいし、毛は抜けにくいとまさに最高なわんちゃんですが、それでも問題行動に起こしちゃう子も中にはいるんです…
     
     
     

    頭がいいからこその問題行動

     前述のとおり、トイプードルはとても頭がよくしつけの入りやすい小型犬としてとても人気があります。「初心者向け」という言葉に惹かれて飼い始めた方もいなくはないと思います。ですが、どんなに頭が良くてもしつけ訓練はしておかないと意味がありません。あくまでもしつけ訓練がしやすい犬種として、初心者向けの犬種にトイプードルがあげられているのです。
     そのトイプードルの問題行動の中でも特に多いものがずばり「吠え癖」です。トイプードルの問題行動は主に頭が良いからこその問題行動であるので、正しいしつけさえすればすぐになおりますよ。

    2.吠え癖をなおそう

    なぜ吠えるのか原因をまず知る!

     なぜ吠えるのでしょう。まずは原因を知る必要があります!チャイムが鳴ってるときに吠えるのか、見知らぬ人や犬に吠えるのか、人が食事してるときに吠えるのか、見たことのないものを見て吠えてるのか、ケージに入れていると吠えるのか・・・吠えるときはさまざまかと思われます。そのシーンによって原因が異なり、また対処法も変わってきます。
     トイプードルの吠え癖に困ってる方は、まずはどういうときに吠えているのか把握しましょう。やたらと叱りつけるだけではなく、トイプードルの立場に立って「なぜ吠えるのか」。それを理解する必要があります。

    人が食事しているとき、くつろいでるときなどに吠える!

     これは完全に要求吠えといいます。トイプードル的には「ちょっと、その食べてるものよこしなさい!」や「ごろごろしてないで遊びなさいよ!」と訴えているのです。
    トイプードルは頭の良い犬種であり、かつわがままな犬種でもあります。最初は食事中の飼い主さんの横にちょこんと座り、かわいらしく首をかしげて「クーン」と鳴くだけでした。その愛くるしさについついあげてしまったことをきっかけに、トイプードルは味をしめてしまうのです。一度そのわがままを許し、助長させてしまうと完全な問題行動となってしまい「要求吠え」へと進化してしまうのです…。

    見知らぬものや音、人や犬に吠える!

     散歩中に見知らぬ犬に吠える!その連れている飼い主さんにも吠える!はたまた見たことのないものに吠える!聞いたことのない音に吠える!ここで共通なことが一つ。
     すべて未知のものに吠えているんです。この吠える原因は明らかでして、つまり「社会化不足」によるものなのです。仔犬のころに色々なものや人、犬に触れ合わなかったトイプードルは社会化不足となり、こうして吠えるきっかけを作ってしまうのです。社会化不足とは、簡単に言うと「コミュ障」になりますね。
     人や犬とのコミュニケーションをとれなかった子はコミュニケーションの取り方がわからず、色々なものや音に触れてこなかった子はビビりどういうものかわからず困惑する。人もそうですよね? 犬は吠えることでしかその困惑を表現できないのです。

    ケージの中で吠える!

     寝る前にケージの中にいれる飼い主さんも少なくないと思います。そのケージにいれたとき、トイプードルがずっとひたすら吠えるということがありませんか?なぜ吠えるかというと、運動不足によるものなのです。
     充分な散歩もなく、運動も遊びもなく一日が終わるとなるとトイプードルからしたらたまったもんじゃありません。完全なストレスになり、吠えてしまうのです。そして、吠えるのがうるさくて我慢できず結局ケージから出してしまう…完全な悪循環が発生します。納得すれば、どんな子でもケージで大人しくします。
     充分な運動→おいしいごはん→まったり遊ぶ→ケージにいれる→「ああ、寝る時間なんだ!」のようなサイクルは、どの子でも作れるはずです。まずはストレスを解消することが先決でしょう。

    チャイムに吠える!

     チャイムに吠えるトイプードルはきっと相当な数がいると思われます。でもこのチャイムに吠えるという行為は、本能で吠えてしまうので仕方ない行為でもあるのです。
     チャイムが鳴ると人が来る。家は大事ななわばり。飼い主さんがそばにいる。この条件がそろったことで「大事なテリトリーに敵が来た!ご主人様を守らなくちゃ!」という意識が生まれ、吠えてしまい、飼い主さんが対応していると来客が帰ります。「もしかして吠えてたから敵は帰った?」と勘違いしてしまうのです。
     とはいえ、本能だから仕方ないと放置するのもよくありません。人間と一緒に住むには、トイプードルにも人間社会に慣れてもらう必要があります。

    3.有効なしつけ方はどんなの?

    吠え癖を直すには?

     基本的に吠え癖を直すのに一番きく行為は無視です。吠えることで構ってもらえる、自分に意識がむく、吠えれば言う事をきくと思ってる考えを取り払う必要があります。犬は社会性を求めるものなので、大好きな飼い主さんそのような行為をされると大きなショックとなってしまいます。無視とは基本的に目を合わせない、声をかけない、叱ることもしない、存在に気づかれないように行動する。この行為を飼い主さんが完璧に行い、繰り返すことでトイプードルは学習します。
     トイプードルはとても頭が良いです。人が喜ぶ行動を犬自身で考えて、喜んで行動することができます。一度ついてしまった癖はなかなかなおりません。なおるまで根気よく繰り返すことが大事でしょう。

お役立ちコンテンツ